マタニティ歯科

鈴木歯科クリニックは、愛知県名古屋市の妊産婦歯科診査の協力歯科医療機関です。

お口のトラブルは赤ちゃんにも影響を与えることがあります。

お父さんやお母さん、またはご両親(祖父母)が虫歯や歯周病に罹患している場合、そのお口のトラブルはご自身だけでなく、生まれてくる赤ちゃんにも影響を与えることが少なくありません。

生まれてくる赤ちゃんの為にも、妊娠中はむし歯・歯周病の治療、定期的なお口のメンテナンスを受けるようにしてください。妊娠中の歯科健診は比較的安定している時期(妊娠中期)が最適です。

お口のトラブルは赤ちゃんにも影響を与えることがあります
妊娠初期

妊娠4~8週の治療は特に慎重に取り組み、12週までの処置は出来るだけ診査や治療計画、歯みがき指導まででとどめます。歯の痛みや歯ぐきの腫れなどの急性症状がある場合は応急処置を行い、本格的な治療は安定期に入ってから開始するようにしています。

妊娠中期

妊娠中期は胎児が胎盤により安定し、通常の歯科治療をはじめ、レントゲン撮影や投薬も可能となる安定期と呼ばれる時期になります。胎児や母体への影響を考慮した上で、比較的に安定するこの時期にむし歯・歯周病などの治療に取り掛かるようにしています。

妊娠後期

妊娠後期は早産などの危険を回避するために、処置は応急的なものまでにとどめます。また、お腹が大きくなることで仰向けでの受診も大変な時期になります。治療が必要な場合もこの時期は避けて、出産後に改めて治療を再開するようにしています。

鈴木歯科クリニックでは女性歯科医師が常勤しております。男性歯科医師には聞きにくいことなど、お気軽にご相談ください。

女性歯科医師ご希望の患者さまは恐れ入りますが、ご予約の際にその旨をお伝えください。

鈴木歯科クリニックでは女性歯科医師が常勤しております
目次

妊産婦歯科検診

  • 対象者:名古屋市に住所を有する妊娠中、または産後1年以内の方
  • 検診費用:無料です(※妊産婦検診助成対象外の歯石除去、産後であればレントゲン検査も同日一緒に行うことが可能です)
  • 予約方法:鈴木歯科クリニック受付までお電話または、24時間WEB予約のボタンから予約
  • 持ち物:母子健康手帳、母子健康手帳別冊(母と子のために)内「妊産婦歯科診査受診票」をご持参ください。
母子健康手帳

歯周病と低体重児出産

なかでも、歯周病にかかっている人はそうでない人と比べ早産のリスクが7.5倍も高いことが明らかになってきました。

歯周病を治すことはもちろん、赤ちゃんの為にも歯周炎にならないようにプロによる定期的な口腔ケアを行うことが大切です。そして正しい歯磨きのポイントを習得し、予防していきましょう。

歯周病と低体重児出産

妊娠中の歯茎からの出血

妊娠中の女性ホルモンの上昇を受け、歯周病菌の1つであるPrevotella intermediaが増殖し、Prevotella intermediaはわずかな歯垢(プラーク)にも過敏に反応し歯肉炎を誘発します。

これを妊娠性歯肉炎と呼び、治療法は除石やPMTCなどのプロによる口腔清掃状態の改善と適切なブラッシング法を行うことです。

鈴木歯科クリニックでは、妊娠性歯肉炎に対するケアも行なっております。

妊娠中の歯茎からの出血

ママができるお子さんの虫歯予防

母親にむし歯がある子どもはそうでない子どもに比べ、2歳児の時点でむし歯になっていることが圧倒的に高いことがわかっています。

これは、お母さん自身の生活習慣の影響を受けやすいということを示しています。ご自身が甘いものやジュースが大好きで、歯みがきもおさぼり気味では、新しい家族を迎える習慣としては良くないですね。

将来、お子様のお口にむし歯をうつさないよう、今のうちから予防・治療に取り組みましょう。

ママができるお子さんの虫歯予防

哺乳瓶う蝕

お菓子だけでなく、赤ちゃんに与えるミルクでも虫歯になります。

哺乳瓶使用期間中にできる虫歯のことを「哺乳瓶う蝕」といい、寝る前や寝ながらの授乳や哺乳瓶に清涼飲料水やオレンジジュースなどを入れて与える事により発生しやすい傾向にあります。

これは飲み物に含まれる「糖分」が原因で、虫歯のばい菌がそれを食べ代謝産物として酸を出す結果、歯が溶け虫歯になってしまうというものです。

哺乳瓶う蝕

子供の歯は生え変わりますが、幼少期の乳歯に虫歯ができてしまうことで、大人の歯(永久歯)の成長が不完全になる可能性がありますので、お子様が小さい時から糖質のコントロールには気をつけたいですね。

ただ、赤ちゃんの時期は寝ぐずりや夜泣きがあることも多く、お父さんお母さんにそこまで余裕がなく頑張れない場合もありますから、あまり神経質になり過ぎないことも大事です。

また、離乳の時期を逃してしまったお子様も哺乳瓶う蝕になりやすい傾向があります。

離乳の時期

離乳の時期は12ヶ月〜18ヶ月頃であり、理想的な卒乳は1歳半頃です。

お子さんの状況や家庭環境によっても個人差はありますが、卒乳の時期を逃して哺乳瓶を長期的に使用することで哺乳瓶う蝕の発生リスクは高くなります。

うまく卒乳できない場合は、お子様のペースに合わせながら少しずつ離乳を行い、足りない部分を母乳やミルクで補いつつ、卒乳へと導いてあげると良いでしょう。

離乳の時期

産後のうつについて

出産後にホルモンバランスや自律神経が崩れ、一時的なうつ状態に陥ることがあります。厚生労働省の調査では現代の出産後の女性の約1割が産後うつになっているとの報告があります。

鈴木歯科クリニックでは、妊娠中・産後のママのつらさを少しでも軽減するためにS-BT療法や良眠プレートを使っての治療を行っております。

これらの噛み合わせ療法は、自律神経の不調をもとの正常な状態へと矯正する効果が期待できます。

産後のうつについて

妊娠中に起こりうる問題

1 つわり(悪阻)

妊娠初期に気持ちが悪くなり吐いてしまう・食欲が落ちる・食の好みが変わることなどを「つわり」と呼びます。つわりの症状が悪化して水分補給が出来なくて体重が極端に落ち日常生活が送れない状態のことを「妊娠悪阻」と呼びます。

2 妊娠性高血圧症候群(妊娠中毒症)

主な症状は血圧上昇とたんぱく尿で、妊娠20週〜出産後1週間の間に多く、妊婦の方の約5%にみられます。原因は不明ですが、初産婦、多胎妊娠、前回でも同症状があった人、もともと高血圧の既往があった人によくみられます。

3 妊娠性糖尿病

妊婦の約12%が発症する糖尿病で、原因の多くは妊娠後期に血糖値が高くなるのにインスリンの生産が追いつかないことによるものですが、発症に気づかず治療せず放置していると母子ともに健康上のリスクが高まるもので、胎児が死亡する恐れもある注意が必要なものの一つです。自覚症状がないことも恐ろしいことです。

妊娠性糖尿病のリスクの高い人は、・家族に糖尿病の人がいる・妊婦自身が巨大児で生まれてきた・妊娠前から肥満・過去に巨大児の出産経験あり・胎児の発育が標準に比べて大きすぎる・35歳以上の妊婦がおこりやすいと言われています。

妊娠中は歯だけではなく体全体にも変化が起きやすい時期です。自らの健康とこどもを守るため、定期的な妊婦検診に行きましょう。

目次
閉じる

WEB予約をご利用の方へ

キャンセル・変更は、お電話からお願いいたします。
治療途中、通院中の方のWEB予約はできません、お電話ください。
当日キャンセル、無断キャンセルは固くお断りしております。次回からのご予約をお断りさせていただく場合がございます。
ご予約時間を過ぎてのご来院は、当日の治療を受けていただけない場合がございます。
・診療時間確保のため、ご予約時間に余裕のあるご来院をお願いしております。
・お伝えしたい事がある場合は、詳しい症状を「その他」の欄にご記入ください

新型コロナウイルス対策

鈴木歯科クリニックでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)および新型コロナウイルス変異株の感染予防および拡散防止のため、以下の対策を実施しております。

マスク・グローブ(医療用ゴム手袋)・ゴーグルの着用
患者さまごとにグローブを交換
使い捨てのエプロン・コップを使用し、患者さまごとに廃棄
ドリル等のハンドピースを含めた治療器具は患者さまごとに消毒滅菌
消毒液で診療台・操作パネル等を清拭

新型コロナウイルス対策

鈴木歯科クリニックでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)および新型コロナウイルス変異株の感染予防および拡散防止のため、以下の対策を実施しております。

マスク・グローブ(医療用ゴム手袋)・ゴーグルの着用
患者さまごとにグローブを交換
使い捨てのエプロン・コップを使用し、患者さまごとに廃棄
ドリル等のハンドピースを含めた治療器具は患者さまごとに消毒滅菌
消毒液で診療台・操作パネル等を清拭