インプラント治療

失ってしまった歯の部分を補う方法の1つがインプラントです。

インプラントは入れ歯のように異物感がなく、ブリッジのように前後の健康な歯を削る必要がありません。自分の歯と同じ感覚でものが食べられるため、義歯で不便を感じていたり、健康な歯をそのまま残しておきたい方におすすめです。

当クリニックでは、インプラントだけでなくその上にある上部構造において補綴の専門的な視点からアプローチし、インプラント安定後も噛み合わせが原因でインプラントのトラブルが起こりにくい環境を作るように心がけております。

失ってしまった歯の部分を補う方法の1つがインプラントです
目次

インプラント治療の概要

インプラントとは?

インプラントは失った歯の代わりに人工のネジのようなもの(以下インプラント体)を顎骨内に埋入し、それを歯の根っこの代わりとして用いて食事が食べられるようにする治療法です。

また、インプラント体はチタンで出来ており、チタンは人体への親和性が極めて高い酸化チタンで表層が覆われ、顎骨への定着に有効で安全です。

オーバーデンチャーのように義歯の支えとして用いる場合もあります。

インプラントとは?

インプラントのメリット

  • 健康な歯と同じくしっかりと噛める
  • 食事を美味しく食べられる
  • 発音がしっかりできる
  • 他の歯へかかる負担をインプラントも負担するので、他の歯の寿命も伸びる
  • 隣の歯を削る必要がない
  • 虫歯にならない

入れ歯とブリッジとの違いは?

入れ歯

入れ歯
入れ歯のメリット
  • 治療期間が短い
  • 両隣の歯を削る量がブリッジに比べて少ない
  • 手術がいらない
  • 保険適応の入れ歯がある
入れ歯のデメリット
  • 金属のバネが目立つ場合がある
  • 食事の度に外して洗浄しなければならない
  • 食べられるものに制限がある
  • インプラントに比べるとしっかり噛めない
  • バネをかけた歯に負担がかかる

ブリッジ

ブリッジ
ブリッジのメリット
  • 取り外しが必要ない
  • 治療期間が短い場合が多い
  • 噛む感覚が自然の歯に近い
  • 手術がいらない
  • 保険適応のブリッジがある
ブリッジのデメリット
  • 両隣の歯をたくさん削らなければならない
  • セラミックブリッジの場合、インプラントと価格が近くなってしまう
  • 両隣の支えにしている歯への負担が大きい

インプラント

インプラント
インプラントのメリット
  • 両隣の歯を削らなくても良い
  • 義歯と比べると違和感が少ない
  • 取り外ししなくても良い
  • 自分の歯と同じようにしっかり噛める
  • ブリッジができないと言われた部分にも適応できることが多い
インプラントのデメリット
  • 手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 保険適応外の治療である

治療の流れは?

費用の詳しい内容

インプラント説明図
インプラント本体部分250,000
上部構造費用被せものの種類により異なる

以下は手術代に含めるため、 

CT撮影料金0
模型作成料金0
精密検査料金0

例えば、インプラント+ジルコニアクラウン=32万円となります。以上は1回法のインプラント埋入手術の一例です。

インプラントを長持ちさせるために知っておきたいこと

CT撮影をする目的と利点

インプラントは骨の中にアバットメント(人工歯根)を埋め込む手術です。

実際には埋める骨の厚み、長さを正確に把握することでより安心安全な手術を行うことが可能です。また顎の中には、下歯槽管や切歯菅と呼ばれる太い神経や動脈があります。それらを傷つけることなく狙い通りの場所に埋め込むにはCT撮影は必須と言ってもいいでしょう。

当クリニックは、CTレントゲン撮影機器を完備しており、術前に撮影を行い治療の可否やインプラント埋入部位の骨量のチェック、埋入方向の確認を行い安全性の高い手術をご提供しております。

当院ではCT撮影は料金に含まれていますので実際に撮影した画像を見ながら解説いたします。

インプラントCT設備
インプラントCT撮影画像

手術後、噛めるようになるまで

インプラント(人工歯根)はその名の通り根っこですから、その上に白い歯を被せる必要があります。 しかしながら手術後のインプラントはまだ骨と定着していませんので、安定するまでは安静にしなければなりません。

骨とのしっかりとした結合をオッセオインテグレーションと言いますが、確実なオッセオインテグレーションが得られるには下顎では3ヶ月ほど、上顎では4~6ヶ月ほどかかるとされています。

手術後、噛めるようになるまで

歯周病がない健康なお口の場合はその限りではありませんが、鈴木歯科クリニックでは歯周病検査の結果に合わせて確実な骨への定着を得られるようケアを行いながら経過を丁寧に追うようにしています。

インプラント部のお手入れについて

インプラントの部分はご自身の歯と同じように噛むことができる反面、毎日の丁寧なケアが必要になってきます。

お手入れがおろそかになってしまうと口臭や後述のインプラント周囲炎といった病気を引き起こしま す。

毎日のお手入れと歯医者さんでの定期的なケアを欠かさないようにしましょう。 通常のブラッシングに加えて歯間ブラシによるインプラント下部の清掃が大切です。

インプラント部のお手入れについて

インプラント周囲炎とは

せっかく入れたインプラントがグラグラと揺れて、ダメになってしまう…インプラント周囲炎は歯に対する歯周病と同じくインプラントに起こる周囲組織の炎症ならびに歯槽骨の喪失を指します。

ここではその原因と治療法について説明していきます。

インプラント周囲炎の原因は歯周病を引き起こす歯周病菌です。お口の中のケアが不十分な場合、インプラントの根本で菌が増殖し周りの骨を溶かしながら深いところへと侵入していきます。

健康な歯は歯根膜と呼ばれる生体の膜が存在していますが、インプラントは骨に直接埋まっているため進行が健康な歯よりも早く、しっかりとした管理が大切なのです。

その他のリスクファクター

  • 糖尿病
  • 喫煙
  • 歯ぎしりなどの咬合性外傷など

インプラント周囲炎は細菌感染ですので、まずは炎症を起こしている部分を治すことが最優先となります。

歯医者さんでのプラークコントロールや歯磨き指導、抗生剤の投与など、インプラント部分だけでなくお口全体でケアを徹底することが必要です。

糖尿病・喫煙は治癒を妨げる大きな要因ですので、循環器内科・喫煙外来などと協力してトータルで治療に当たります。炎症が起こっている部分をデブライドメント(除去)、歯肉・歯槽骨の再生療法を併用し治療を行う場合もあります。

鈴木歯科クリニックでは、再生療法・歯周外科手術も行える歯周病の専門のドクターが常勤しております。

再生療法・歯周外科手術も行える歯周病の専門のドクター
目次
閉じる

WEB予約をご利用の方へ

キャンセル・変更は、お電話からお願いいたします。
治療途中、通院中の方のWEB予約はできません、お電話ください。
当日キャンセル、無断キャンセルは固くお断りしております。次回からのご予約をお断りさせていただく場合がございます。
ご予約時間を過ぎてのご来院は、当日の治療を受けていただけない場合がございます。
・診療時間確保のため、ご予約時間に余裕のあるご来院をお願いしております。
・お伝えしたい事がある場合は、詳しい症状を「その他」の欄にご記入ください

新型コロナウイルス対策

鈴木歯科クリニックでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)および新型コロナウイルス変異株の感染予防および拡散防止のため、以下の対策を実施しております。

マスク・グローブ(医療用ゴム手袋)・ゴーグルの着用
患者さまごとにグローブを交換
使い捨てのエプロン・コップを使用し、患者さまごとに廃棄
ドリル等のハンドピースを含めた治療器具は患者さまごとに消毒滅菌
消毒液で診療台・操作パネル等を清拭

新型コロナウイルス対策

鈴木歯科クリニックでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)および新型コロナウイルス変異株の感染予防および拡散防止のため、以下の対策を実施しております。

マスク・グローブ(医療用ゴム手袋)・ゴーグルの着用
患者さまごとにグローブを交換
使い捨てのエプロン・コップを使用し、患者さまごとに廃棄
ドリル等のハンドピースを含めた治療器具は患者さまごとに消毒滅菌
消毒液で診療台・操作パネル等を清拭